日本の伝統「風呂敷」 - **わんこ貯金♪主婦の内職**

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の伝統「風呂敷」





最近、風呂敷のバリエーションも豊富になり、テレビではいろんな包み方を紹介するようになりましたね。私が子供の頃は銭湯へ行く時に、着替えを風呂敷に包んで行った記憶があります。

また儀式として、今でも結納品を風呂敷に包んでいますよね。
私がよく使うのは、小風呂敷で冠婚葬祭ののし袋です。これを使うと身も引き締まる感じがして良いんですよ。色や柄も楽しめるので、その場に合ったものを選びたいものです。

現在、贈り物としても喜ばれている風呂敷、どんなサイズや生地があるか専門の『風呂敷工場』を覗いてみました。
こちらではオリジナルの風呂敷やイベント用も制作出来るので、興味のある方はぜひ注文してみてはいかがでしょうか?
日本のものって外人さんにも喜ばれますよね?
そこでお土産に「ふろしき」も良いと思いませんか?
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

こんばんは!!

風呂敷って よく考えると
昔からある エコバッグですよね

いろんなかたちにもできるので
すごく便利ですよね~

ぽち☆

2009-03-17 23:33 | from mi

こんばんわ

風呂敷って、今かわいいものがたくさんありますよね☆
意外といろんなものが、包めて、包み方もたくさんあるんですよね

ぽっちっと応援です

2009-03-17 23:45 | from さくら

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009-03-18 00:02 | from -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。