犬の「チョコレート中毒」に注意せよ! - **わんこ貯金♪主婦の内職**

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の「チョコレート中毒」に注意せよ!

もうすぐバレンタイデーがやって来ますね。
犬を飼われている方、知らずにチョコレートを与えると危険です。
ワンちゃんに与えてはいけないものの一つにチョコレートがあります。

最近ではネットで何を与えてはいけないか簡単に調べることが出来るけど、
情報収集していない飼い主さんや子供さんは知らない人が多いですね。

「チョコレート中毒」で怖いのが寿命を縮めたり、死んでしまうことがあるそうです。
どんな中毒症状が出るのか?

なんでも嘔吐、下痢、興奮、筋肉のけいれん、不整脈、発熱、運動失調、
腹痛、尿血、発熱、脱水症状を引き起こすことがあると言われているの。

どうしてチョコレートなのか?
チョコレートに含まれる「テオブロミン」が原因なんだそうです。
名前を聞いてもピンとこないんですが、チョコ以外にもお茶やコーラー、
ココアにも含まれているそうですので要注意ですね。 

ではチョコレートをどのくらい食べたら危険なのか調べてみた。
小型犬なら板チョコ一枚食べちゃうと問題が出る可能性が高いんですって!


散歩中にチョコレートが落ちてることはめったにないけど、
拾い食いするワンちゃんは気をつけないといけないですね。

人間が美味しそうに食べていると、うるうるの目で「食べたい」って
訴えてくるワンちゃんも多いもんね。

我が家ではチョコを食べる時、ちょっと緊張しております。(笑)

もし誤って食べてしまった場合は、すぐに病院へ連れて行きましょう。
「応急処置として強制的に吐かせてください」って言われることもあるようです。

愛犬の事も気にしながら今年の主人用バレンタインチョコを買いに行きます♪
ネットで注文しようか?デパートで買おうか?
とても悩んでおります。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。